So-net無料ブログ作成

黒田博樹カープ愛で広島復帰!年棒の差は?その時、嫁と家族は? [スポーツ]

メジャーからの巨額年棒オファーを蹴ってまで日本球界に 戻ってきた黒田 博樹投手を影で支える嫁と家族は?

kurodhiroki001.jpg


昨年まで現役のメジャーリーガーで安定した数字を残していた
黒田博樹(くろだひろき)投手

2014年のシーズンもニューヨーク・ヤンキースで11勝9敗
チーム内で2位の成績を残しています。
※1位は13勝で田中将大(たなかまさひろ)投手

防御率は3.71と安定し、またチームの先発投手で
唯一 開幕から先発ローテーションを守っています!

チームに対する貢献度はもの凄く評価されるべきところですね!

開幕からローテーションを守りながら安定した数字を
毎回出す先発投手ですので、指揮官からすると
勝ち星の計算がしやすいとても重要な選手です!

どんなに凄いピッチャーでも勝ったり負けたりと調子の
波が激しいと使い方が難しいですよね。

その点、黒田博樹(くろだひろき)投手の場合は調子が
悪くても悪いなりに試合を作り最低限の仕事をしっかり
やってくれ安心して見ていられる仕事人です(笑)

そんなチームの柱である黒田投手ですがメジャー球団からの
巨額のオファーを蹴ってまで日本に戻ってきた理由とは何なんでしょうか?

そしてそれを支える嫁と家族も気になりますよね?ということで調べてみました!


Sponsored Link




まず黒田博樹(くろだひろき)投手のプロフィールからどうぞ。

kurodahiroki002.jpg


【名前】    :黒田 博樹(くろだ ひろき)

【生年月日】 :1975年2月10日の現在40歳(2015年3月現在)

【出身地】   :大阪府大阪市

【出身校】   :高校/上宮高等学校
         :大学/専修大学

【身長】    :185㎝

【体重】    :93㎏

【職業】    :プロ野球選手/ピッチャー(右投右打)

黒田博樹投手は1996年に広島東洋カープに入団し、
1997年、4月25日の読売ジャイアンツ戦で

初登板・初先発・初勝利・初完投』という快挙を達成させています!

それから11年間2011年まで『広島東洋カープ』一筋です。

広島ファンと黒田博樹投手の『』は本当に深いものがあり、
黒田投手が2006年にFA権を取得し移籍の情報があふれるなか
広島ファンからのメッセージ、

我々は共に闘って来た 今までもこれからも… 未来へ輝くその日まで 君が涙を流すなら 君の涙になってやる Carpのエース 黒田博樹

と突如現れた巨大横断幕が・・・!

あのファンの気持ちは大きかった』と後に述べています。
ファンからとても愛され、またそのファンの気持ちに応える黒田投手。
今後も国内他球団の移籍はない!と『生涯広島』宣言しています。

本当に『カッコイイ』!

2008年からはベースボールの最高峰メジャーリーグへ。

ロサンゼルス・ドジャースに移籍し、着実に実績を積み重ね、
2009年には日本人史上3人目』となる開幕投手として先発しています。

2012年にはニューヨーク・ヤンキースに移籍しています。

2014年にはドジャースやパドレスの巨額年棒オファーを蹴って、
古巣の『広島東洋カープ』に復帰しています!

kurodahiroki003.jpg


メジャー球団の高額な年棒を蹴ってまで日本復帰していますが、
実際どれぐらいの金額だったかというと・・・、

ドジャースが年俸1600万ドル(日本円で約19億2000万円)

パドレス が年棒1800万ドル(日本円で約21億6000万円)

復帰した広島東洋カープが4億円+出来高

4億円でもものすごい額なのは間違いないですが、
メジャーとの金額の差がものすごいですね!

そんな男気溢れる『黒田博樹(くろだひろき)』さんの
嫁さんってどんな方なんでしょうか?

お名前は、雅代さんといって1歳年上の姉さん女房ですね。

黒田投手のような一流のピッチャーでも日本からメジャー
となると何もかもが違っていて調子が上がらず、
なかなか勝てない時期もありました。

言葉の壁や考え方の違いにも苦しんだと思います!

そんな悩んで苦しんでいる時期に、嫁である雅代さんは

ダメならいつでも日本に帰ればいいじゃない』と
精神的にも支えていたようです。

メジャーでのあの活躍は嫁の雅代さんあっての
ことかもしれません。

黒田投手は子供が二人いるそうで、二人とも娘さんのようです。

ロスに一戸建てを購入し家族で住んでいたようですが、今回
日本には家族を残し黒田投手だけとの事です。

家族と離れてでも広島東洋カープでプレーしたかったんですね!

以前、黒田博樹投手がアメリカに渡り1年契約をしだした頃から
これが『最後の試合』と思って毎試合投げていると語っていました!

40歳という年齢の事もありますので、最後は

『自分を育ててくれた愛する広島東洋カープの ユニフォームを着て、終わりたい』

という気持ちがとても強く日本球界の広島東洋カープ
に復帰されたんだと思います!

毎試合これが最後という気持ちでマウンドに上がる
『サムライ』のような黒田博樹(くろだひろき)投手。

今シーズンの広島東洋カープには大・大・大注目です!

ファンの期待がプレッシャーになっているとは思いますが、
絶対に活躍してくれると信じています♪

今回も最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。



Sponsored Link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。